NEWS
お知らせ

TOP/お知らせ

2007.10.19

お知らせ

和菓子豆知識(35) 薯蕷(じょうよ)まんじゅう

日本のハレの日の和菓子と言えば「薯蕷(じょうよ)まんじゅう」。まんじゅうの最高級品とされ、結納・結婚式の引き出物、入学祝、法事などに欠かせません。その歴史は古く、江戸時代に京都で生まれたと言われています。
読んで字のとおり自然薯、すなわち山の芋が入っています。芋が上品な自然の白さとなめらかな食感を出し、また加熱すると膨張する性質により、膨張剤に頼らずに皮をふっくらと仕上げることができます。
寒い日の和菓子として、茶席では蒸し器やせいろうで、あつあつを出します。眼前に上る湯気のぬくもりもご馳走です。正月用には勅題や干支の焼印を押します。温かさ、優しさ、高雅さを併せ持つ薯蕷まんじゅうには、日本人の様々な思い出がこめられています。
ILM11_AD01007.jpg

お問合せ
CONTACT

ご質問・ご不明な点がございましたら
お気軽にお問合せください。
受付時間 8:30~17:00(土・日・祝日は除く)

採用情報
RECRUIT

「自然の息吹を大切に」お客様の求める食品を
一緒に提供しませんか?