NEWS
お知らせ

TOP/お知らせ

2000.10.01

お知らせ

和菓子豆知識(14) もろこし

モロコシは、イネ科キビ亜科に属し、紀元前2000年頃からアフリカよりインドなどに伝播したと考えられます。種実は一般に赤褐色ですが、他に白・黄・黒色ものがあります。モロコシの名は、品種や栽培地によって異なります。日本ではモロコシ(蜀黍)、タカキビ(高黍)、中国ではコウリャン(高粱)、米国ではマイロという品種が栽培されています。日本の生産量は極めて少なく、中国などで主に栽培されています。
 中国では精白して粥として、また米や麦と混炊したり、代表的な蒸留酒である高粱酒の原料となります。日本では、製粉をして和菓子の団子や餅にしようされています。モロコシは食用としてのみだけでなく、箒(ほうき)用のモロコシやわらに糖分を多く含むサトウモロコシ(砂糖蜀黍・蘆粟(ろぞく))などの種類もあります。
品名   熱量(kcal) 蛋白質(g) 脂 質(g) 炭水化物(g) ナトリウム(mg) カルシウム(mg) 鉄(mg) ビタミンB1(mg)
玄 穀     352     10.3     4.7     71.1      2       16     3.3    0.35
精白粒     364     9.5     2.6     74.1      2       14     2.4    0.10
(五訂日本食品標準成分表より抜粋)

お問合せ
CONTACT

ご質問・ご不明な点がございましたら
お気軽にお問合せください。
受付時間 8:30~17:00(土・日・祝日は除く)

採用情報
RECRUIT

「自然の息吹を大切に」お客様の求める食品を
一緒に提供しませんか?