NEWS
お知らせ

TOP/お知らせ

2000.04.01

お知らせ

和菓子豆知識(12) ひえ

 ヒエは、五穀の一つに数えられる、イネ科の1年生作物です。中国や朝鮮半島でも古くから栽培されており、日本では、岩手県や青森県、北海道などの寒冷地が主な産地です。
 「冷え」に耐えることが語源とされ、岩手県の閉伊(へい)地方は、「ヒエが多く作られる地方」ともいわれています。
 ヒエの種実は穀類の中で最も長期保存ができ、使用する場合は、精白ヒエとして用いられています。トロロ飯(南部の神楽飯)などに用いたり、餡や味噌の製造原料として利用されており、昔は重要な食糧とされていたヒエですが、現在での生産量はわずかとなってしまいました。
 栄養成分については、前号のアワと精白米とヒエの対比表にして、以下に示しました。
品名 熱量(kcal) 蛋白質(g) 脂 質(g) 炭水化物(g) ビタミンB1(mg) ビタミンB2(mg)
精白米    356     6.1     0.9     77.1     0.08     0.02
精白あわ   364    10.5     2.7     73.1     0.20     0.07
精白ひえ   367     9.7     3.7     72.4     0.05     0.03
                             五訂日本食品標準成分表より抜粋

お問合せ
CONTACT

ご質問・ご不明な点がございましたら
お気軽にお問合せください。
受付時間 8:30~17:00(土・日・祝日は除く)

採用情報
RECRUIT

「自然の息吹を大切に」お客様の求める食品を
一緒に提供しませんか?