NEWS
お知らせ

TOP/お知らせ

1998.01.01

お知らせ

Q:お正月にはどうして花びらもちを食べるのですか?

A:正しくは「菱葩餅(はなびらもち)」といい、また「おはなびら」と銘することもあり、雪をかぶった梅の花を表しています。白求肥(白牛肥)、またはういろうを丸くのし、押し鮎に見立てたゴボウの薄蜜煮を2本はさみ、白味噌餡を入れて2つ折にしたものです。平安時代より朝廷で用いられている菱葩を玄々斎宗匠が模して考案したのをゆかりとし、公卿達の年賀の祈りに供されたなごりの風雅な餅菓子で、宮中慶賀用の餅とされ、茶道家の初釜の茶席にも必ず用いられています。

お問合せ
CONTACT

ご質問・ご不明な点がございましたら
お気軽にお問合せください。
受付時間 8:30~17:00(土・日・祝日は除く)

採用情報
RECRUIT

「自然の息吹を大切に」お客様の求める食品を
一緒に提供しませんか?