NEWS
お知らせ

TOP/お知らせ

1996.04.01

お知らせ

食べ物の雑学3

◆じゃがいもの効用◆
 外食などした時、生野菜を注文する人が多いようです。これは野菜がよい、という固定観 念が残っているためです。野菜の中に含まれるビタミン類、特にビタミンCは熱すると破壊さ れてしまうという知識があるからでしょう。
 ところが、じゃがいもというのは熱してもビタミンCの破壊される割合が低いのです。なぜかというと、じゃがいもに含まれる澱粉のおかげでビタミンCを包み込んで熱から守ってくれるわけです。じゃがいもには、レタスの4倍のビタミンCが含まれています。                  
 また、じゃがいものカリウム含有量は、ごはんの16倍もあります。カリウムは、体内の余分なナトリウムを排出する働きがあるので、高血圧症の予防や治療に効果的です。味は非常にたんぱくでどんな料理にも合い、肉料理などに付け合せとして出されます。これはじゃがいもがアルカリ性なので、肉食で酸性に傾いた体内には必要な食品だからです。

お問合せ
CONTACT

ご質問・ご不明な点がございましたら
お気軽にお問合せください。
受付時間 8:30~17:00(土・日・祝日は除く)

採用情報
RECRUIT

「自然の息吹を大切に」お客様の求める食品を
一緒に提供しませんか?