波里通信 第36号

2004年10月発行

-目次-
和菓子豆知識(29) 古代米
Let's Cooking 玄米ムース
和菓子Q&A Q:きびだんごの由来を教えてください。
商品紹介 「冷凍白玉もち(マジックボール)」

和菓子豆知識(29) 古代米

 黒米は、稲の原種である野生稲の特徴を受け継いでいるお米です。
古代米とも呼ばれ、生命力が強く、荒地で無肥料・無農薬でも丈夫に育ち、干ばつ・冷害に強いのが特徴です。品種改良を重ねた現代の稲に比べ、背丈が1.5m以上にもなるため倒れやすく、また収穫時期に籾が自然にこぼれ落ちる性質があるため、収穫量が多くありません。代表的なものは、黒米・赤米の二種類があります。古代米は、2000年以上前に中国より伝わりました。当時はお供え物やお祝い事に使用されました。特有の色素は、ぬかの下層の種皮という部分に多くあるため、精米するとほとんどが白い米になってしまいます。
 黒米は、糠の部分に黒色色素のアントシアンを含み、少し精米すると米が紫色になるため、紫米、紫黒米(しこくまい)ともいい、おはぎの起源と考えられています。古代中国の楊貴妃も美容と健康のために愛用していたともいわれています。また中国では漢時代より皇帝への献上米として食され、不老長寿・滋養強壮・貧血に効くと珍重されました。古来より薬用米として利用され、現在も「補血紫米粥」という薬膳料理が伝わっています。白米と一緒に炊くと、薄紫色のご飯ができます。
 赤米は、赤色色素のタンニンを含み、お赤飯の起源と考えられています。野生稲の大部分が赤米であることから、米のルーツであるといわれています。縄文時代日本に初めて伝わった米は、赤米だったそうです。白米と一緒に炊くと、淡いピンク色のご飯ができます。白米に比べると粘り気がないので、おかゆや雑炊などにするとあっさりと仕上がります。

波里通信 >和菓子の豆知識 | Trackback(0) | Comment(0)

レシピ「玄米ムース」

材料(4人分)
A:玄米粉  大さじ4 ・ 砂糖  100g ・ 湯  200ml ・  
生クリーム  200g ・ ゼラチン  1袋 ・ 水  50g


作り方
1. ゼラチンは水でふやかしておきます。
2. 鍋にAを入れて混ぜ合わせ、火にかけ、砂糖を溶かし、(1)を加えてゼラチンを溶かします。ゼラチンが溶けたら粗熱をとります。
3. 生クリームを8分立てにし、(2)を加えて混ぜ、プリン型などに流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めます。

波里通信 >Let's Cooking , レシピ , レシピ >米粉 | Trackback(0) | Comment(0)

Q:きびだんごの由来を教えてください。

A;きびの加工品であるきびだんごは、岡山県岡山市の名物菓子として知られています。
 江戸時代末期(1856年頃)、備前池田藩の茶人家老 伊木三猿斉(いぎさんえんさい)の勧めで、四道将軍の一人、吉備津彦命をまつる吉備津神社の境内の茶店に、武田浅次郎によって、きびだんごを茶席にもむく求肥菓子に作ったのが始まりとされています。吉備の国ときびを結び付け、求肥の吉備だんごが作られました。もち米と水飴、上白糖、きびが主な原料でした。また、江戸時代備前岡山できびを作ったところ、豊作だったため、だんごを作り、吉備(現在の岡山県南部地方)の国名にちなんで吉備だんごと名づけたともいわれています。全国的に知られるようになったのは、明治24年以降岡山を通る兵士たちが「桃太郎のきびだんごは縁起が良い」といって全国に持ち帰り、広まっていったそうです。

波里通信 >和菓子Q&A | Trackback(0) | Comment(0)

冷凍白玉もち「マジックボール」 商品紹介

もちは鍋などの煮込み料理に使用するとすぐに煮溶けてドロドロになってしまい、他の具や鍋の底に貼り付くため、見栄えが悪く後処理も大変面倒です。その上独特の食感も楽しめないので、家庭以外では煮込み料理には敬遠されがちな食材でした。
 その点、この冷凍白玉もち≪マジックボール≫をご使用いただきますと、煮崩れせずおいしいおもちがお召し上がりいただけます。新メニューの開発に是非一度お試しください。
 その他詳しい商品の紹介はホームページでも紹介しております。ご覧くださいませ。

商品特徴
1. 長時間煮込んでもほとんど煮崩れせず、もちもち感が続きます。また、鍋などの後処理も簡単です。
2. 一口サイズの団子状になっているため、小さなお子様でも食べやすくなっております。
3. 冷凍食品ですので、必要な分だけ取り出し使用できます。

使用例
おでん、鍋料理、豚汁、芋煮等。
※冷凍のまま沸騰したお湯に入れて煮込んでください。

商品特徴

荷 姿 ダンボール箱
内容量 1kg×10袋入
サイズ 1粒あたり約7~8g、直径2cm程度の球状

波里通信 >商品紹介 | Trackback(0) | Comment(0)