波里通信 第33号

2003年10月発行

-目次-
和菓子豆知識(26) あずき
Let's Cooking 胡麻だんご
和菓子Q&A Q:有平糖の由来について教えてください。

和菓子豆知識(26) あずき

あんやようかん、おはぎやおしるこなど和菓子には欠かせないあずき。色つやの美しい豆で、大粒のものは大納言(だいなごん)、小粒のものは小豆(あずき)に大別され、小豆はしょうずともいいます。
 日本の主産地は北海道で、原産地は東アジアと考えられており、3~5世紀に中国から渡来したといわれています。中国や朝鮮半島では、2千年前から栽培され、日本では奈良時代初期の『古事記』に栽培の記述があります。『大和本草』によれば、「あ」は「赤色」、「つき」及び「ずき」は「溶ける」の意味があり、赤くて早く柔らかくなることから、「あずき」になったそうです。
 古来よりあずきの赤色には、魔よけなどの神秘的な力があると信じられ、行事や儀式に供されてきました。これらの習俗は、中国に始まり、朝鮮半島を経て日本に伝えられたとされています。
 大納言は、甘納豆や小倉あんなどに利用されています。煮ても腹切れしないので、切腹の習慣がない公卿の官位である“大納言”と名づけられたそうです。

◆レシピ:あずきのホイップクリーム

材料(4人分) 
あずき(ゆでてミキサーにかけたもの) 140g
砂糖  60g
生クリーム 100g

作り方
1. ゆでたあずきを温かいうちにミキサーにかけます。
2. 生クリームを泡立てながら砂糖を加え、7分立てにする。これに①を混ぜ合わせる。

レシピ >その他 , レシピ , 波里通信 >和菓子の豆知識 | Trackback(0) | Comment(0)

レシピ「胡麻だんご」

材料(4人分)
あん  240g
黒胡麻ペースト  大さじ3/2
白玉粉  75g
薄力粉  1/2カップ
水  115ml
白洗い胡麻  55g
サラダ油  適量

作り方
1. あんと黒胡麻ペーストを混ぜ、12等分して丸める。
2. 白玉粉に水を半量加え、耳たぶ位のやわらかさになるまでこねる。
3. (2)に薄力粉を加え、同様に残りの水を加えてこね、12等分する。
4. (1)を(3)で包み、まわりに胡麻をすきまなくまぶす。
5. 170℃に熱した揚げ油でこんがりと色よく揚げる。
※生地の硬さは、水の量で加減しください。

波里通信 >Let's Cooking , レシピ >ごま , レシピ | Trackback(0) | Comment(0)

Q:有平糖の由来について教えてください。

A;有平糖は、南蛮菓子として1680年頃ポルトガルより伝来しました。アルヘル、アルヘイ、アルヘイルともいいます。ポルトガル語のAlfeloa(アルフェロア)“糖菓という意味”に由来します。
 輸入されて、70~80年後に京都に伝わり、その後60年を経た1700年頃に江戸に伝わりました。有平糖は、巧妙な細工物で、花や果物、野菜などを形どり、食べるだけでなく、見て楽しむ菓子でもあります。

波里通信 >和菓子Q&A | Trackback(0) | Comment(0)