波里通信 第20号

2000年7月発行

-目次-
和菓子豆知識(13) きび
Let's Cooking きな粉アイス
和菓子Q&A Q:どら焼きの由来について教えてください。

和菓子豆知識(13) きび

 キビは、五穀の一つに数えられる、イネ科の1年生作物で、生育期間が短く、耐旱ばつ適応性が強い作物です。精白するとアワに似ていますが、ややアワよりも大粒でうるち種ともち種があります。キビは、アジアや北アフリカ、南ヨーロッパでも栽培されています。吉備の国と呼ばれていた岡山県、広島県は、キビの作付けが多い地方とされており、熊本県、鹿児島県などの九州地方と、瀬戸内地方、北海道、岩手県などでも栽培されています。桃太郎伝説の、キビ団子を与えて家来にしたということは、家臣への俸禄が米ではなく、キビであったことを意味していると考えられます。
 日本のキビの生産量は、明治時代(明治30年代)に35万ヘクタールの作付面積を示していましたが、昭和40年前半には約2000ヘクタールにも激減してしまい、現在では、詳細な作付面積の調査がなされておりません。
 使用方法としては、うるちキビは精白して、米と一緒に炊いたり、もちキビは粉末にして、岡山県の名産である「吉備だんご」などの原材料として用いられたり、他和菓子の原材料に用いられています。
 栄養成分については、対比表にして、以下に示しました。

品名   熱量(kcal)   蛋白質(g)   脂 質(g)   炭水化物(g)   ビタミンB1(mg)   ビタミンB2(mg)
精白米     356       6.1       0.9        77.1        0.08        0.02
精白あわ    364      10.5       2.7        73.1        0.20        0.07
精白ひえ    367       9.7       3.7        72.4        0.05        0.03
精白きび    356      10.6       1.7        73.1        0.15        0.05
(五訂日本食品標準成分表より抜粋)

波里通信 >和菓子の豆知識 | Trackback(0) | Comment(0)

レシピ「きな粉アイス」

材料(4人分)
バニラアイスクリーム(市販品) 4個(400g)
きな粉 大さじ3
※うぐいすきな粉でもおいしくお召し上がりいただけます。

作り方
1. ボウルを2個用意し、1つは氷水をはり、もう1つはアイスクリームを入れます。
 アイスクリームが入ったボウルに氷水にあてます。
2. これにきな粉を入れ、アイスクリームが溶けないうちに手早くへらでかき混ぜます。
3. 器に盛ってできあがり。

波里通信 >Let's Cooking , レシピ >きな粉 , レシピ | Trackback(0) | Comment(0)

Q:どら焼きの由来について教えてください。

A:誰もが知っているどら焼きは、焼き物菓子の一種で、「銅鑼焼き」と書きます。武蔵坊弁慶が手傷を負い、武蔵野のある民家で手当てを受けたので、そのお礼に軍楽器である銅鑼を置いていきました。
 この銅鑼を用いて、「助惣」(すけそう)という人が「麩焼き」を作り、「助惣の麩焼き」として売り出しましたが、江戸時代中期になって、銅鑼の上で焼くので「どら焼き」と改めたれたのが、どら焼きのはじまりのようです。
 江戸時代後期になって、卵、砂糖、小麦粉の生地にあんをつけて、銅鑼型に焼いた「どら焼き」が売り出され、後に現在のような皮を焼いて、あんをはさむようなどら焼きになったそうです。

波里通信 >和菓子Q&A | Trackback(0) | Comment(0)