波里通信 第6号

1996年10月発行

-目次-
・年中行事の中の和菓子とその行事との歴史(第6回) 顧問 故 谷岡 美雄
 11月・12月
・図書紹介コーナー
 「サンゴ ふしぎな海の動物」  著) 森 啓 発行)築地書書館
・Let'sCooking
 イカとポテトの詰め合わせ
・食べ物の雑学
 サツマイモについて

年中行事の中の和菓子とその行事との歴史(第6回)

顧問 故 谷岡 美雄

◆11月
 玄猪は10月、しかし霜月玄猪、つまり11月も玄猪であり、今では茶道の炉開きが11月に行なわれ、それより部屋の煙草盆に代わり火鉢が入り、茶菓子に亥の子餅が使われるようになりました。
 東京では玄猪の餅が安産のお守りにすり代わってしまったようで、全国的に11月は亥の子餅になってしまいました。
  川端道喜によると、10月の亥の子餅は丸餅、霜月玄猪は小さく碁石ほどの赤、白、黒の三色餅だとのことです。ただし、庶民にはこんなしきたりは関係なく、猪の色に似せたあんころ餅を亥の子餅として、季節菓子で食べられています。
  また、鳥の子餅は白赤に餅をつきあげ卵形に整え、白赤2個を箱に詰めたもので、明治以降は猪の子餅が庶民のあいだで変形普及した物だそうです。


◆12月
12月は師走とはいいながら美味しいお菓子が多く作られます。鶴屋吉信の季節菓子だけでもやぶこうじ、風花、冬木立、ときわぎ、初雪など12月の菓子が並びます。12月13日は事始めの式で毎年テレビで報道されるように、習い事の師匠のところへ鏡餅を持参し一年の例を述べると共に指導の更に新たなるお願いをします。お菓子屋さん、餅屋さんは年末には貸餅が忙しく、押し詰まると正月用の上生の手造りに追われます。除夜の鐘を聞いてやっと掃除、片付けが終わり、初詣に祇園さんに出かけ、おけろ火を受けて雑煮の火を持ち帰り男の仕事が終わります。

●やぶこうじ…緑色と白のこなしを張り合わせて三角に切り、三方から小倉餡を包み込んで中央にこなしの赤い実をつけ、雪中の姿を表象したものです。
●風花…白い饅頭で頂に雪片が焼印してある。それが清々しく、風花に通ってきます。
●冬椿…紅色のこなしで餡を包み、形を整え、中央のしべには黄色に染めたみじん粉をつけます。
●ときわぎ…一年を通じて緑を絶やすことのない松のめでたさを菓子に表したもの。緑色に染めた村雨と小倉羊羹を流し合わせたものです。
●初雪…こしあんを餅で包んだ、しっとりして上品な味わいです。

波里通信 >行事中の和菓子とその歴史 | Trackback(0) | Comment(0)

図書紹介「サンゴ ふしぎな海の動物」

著) 森 啓 発行)築地書書館

サンゴの体系的な研究は、まだその途についたばかりです。日本の学術振興会が提唱し、1934年に「パラオ熱帯生物研究所」として、ミクロネシア、西カロリン群島パラオ諸島のコロール島に設立されましたが、第2次世界大戦の影響で1943年には閉鎖の憂き目を見ています。この研究所での業績を基礎にして続けられた研究成果を、興味ある文章で書き綴っているのが本書です。
 何よりもまず驚かされたのは、サンゴが植物ではなく動物であるという事実です。分類上はイソギンチャクと同類の腔腸動物に属します。また、サンゴの中には、一生の一時期クラゲに姿を変えるものもいるそうです。このふしぎな生態を持っている動物は、北赤道海流を源流とする黒潮に沿って、水温・塩分濃度・日光の強さ・海底の堆積物等の条件が限られた地域に局在しており、わが国でも琉球列島はその格好の生育地であることが知られています。しかし、近年は自然環境の悪化や、サンゴにとっての天敵である「オニヒトデ」の大量発生により打撃を受けていることは、マスコミ等で報道されている通りです。このオニヒトデの大量発生の原因が、われわれ人間に端を発している事は恐らく事実でありましょう。最後まで読み進むうちに、人類の無知故の暴挙に嫌悪を覚えました。
 人間はその知性を用い、科学という武器で自然を制圧し、我が物顔でその頂点に君臨し続けてきました。しかしこの世の中には、まだまだ我々の知り得ない事が数限りなく存在します。この現在の人間本位の在り方の路線を変え、自然との共存を図らなければ、「ホモ・サピエンス」としての未来はかなり高い確率でしっぺ返しを受け、暗いものとなるでしょう。
 南太平洋ポリネシア、仏領ムルロワ環礁や中国モンゴル自治区のロプノール核実験場で行なわれようとしている核実験が、その引き金にならなければ良いと、切に願うばかりです。

波里通信 >図書紹介コーナー | Trackback(0) | Comment(0)

レシピ「イカとポテトの詰め合わせ」

材料(4人分)
A:ヤリイカ 3バイ・じゃがいも 2個・バター 大さじ1・きゅうり 1/2本・ハム 2枚・しいたけ 3枚・煎りごま 大さじ2・塩、胡椒 少々
B:オクラ 3本・マヨネーズ 大さじ11/2・しょうゆ 大さじ1・練りわさび 少々  かつお節 小さじ1

作り方
1. イカは骨と内臓を取り、胴と足を塩ゆでして冷水につけて身をしめます。
2. きゅうりは5mmの厚さのスティック状に切り、ハムは短冊切りにします。
3. じゃがいも、しいたけ、オクラはそれぞれゆで、しいたけは角切り、オクラは輪切りにします。
4. ボウルにゆでたじゃがいもを入れて潰し、この中にきゅうりを除いたA全てを加え、良く混ぜて塩、胡椒で下味をつけます。
5. 冷水からイカを取り出し、布巾等で水気をよく取り、イカ足を包丁で細く切って(4)の中に加えます。
6. この(5)をイカの胴にしっかりと隙間の無いように詰め、詰め終わったらきゅうりを差し込みます。
7. 小さめのボウルに輪切りのオクラとBの調味料を合わせ、よく混ぜてソースを作ります。
8. 包丁でイカを1cm厚の輪切りにし、オクラソースを上にかけて出来上がりです。

波里通信 >Let's Cooking , レシピ >その他 , レシピ | Trackback(0) | Comment(0)

食べ物の雑学6

◆サツマイモについて◆
サツマイモの主な成分はでんぷんですが、ブトウ糖や果糖なども含んでいるので独特の甘みがあります。サツマイモを切って干すと粉を吹きますが、これは麦芽糖です。切り口の皮のところに出てくる白いネバネバした液は、ヤラピンという樹脂を含む物質で、これが便通をよくしてくれます。
 サツマイモは、イモ類の中でも食物繊維が多く、じゃがいもの2倍も繊維質を含んでいます。これは、皮に近いところにあるので皮のまま食べると効果的です。
 また、サツマイモは米や豆と違ってカルシウムやリンが少なくカリウムが多いため、一度にたくさん食べるとナトリウムが不足して胸焼けを起こします。だから焼きイモやふかしイモに少し食塩をつけると、おいしくなる上に、胸焼けも防げます。塩をつけない場合は皮のまま食べれば胸焼けしないそうです。
 このように腸の働きや便通にとてもよく、美容には抜群の効果を発揮するので、成人病の予防と美容のために旬のサツマイモを積極的に食べましょう。

波里通信 >食べ物の雑学 | Trackback(0) | Comment(0)