波里通信 第1号

1995年9月発行

- 目次 -
・まえがき
・年中行事の中の和菓子とその行事との歴史(第1回) 顧問 故 谷岡 美雄
 正月・2月
・図書紹介コーナー
 黒ゴマは制ガン不老の物質だった
・Let'sCooking
 お好みそうめん焼き
・食べ物の雑学
 梅干の効能
 お茶とくすり


◆まえがき◆

大変難しい題材をいただいたものと思います。私は京都西陣の真中に生まれ育ち、家業が西陣織屋という関係上子供の頃から菓子に対する考え方、取り組み方は普通の人と違った環境に来たと思います。それは菓子という言葉のなかに家業柄お客様に対する茶菓子、親戚やお客様からの手土産があった様に思います。そして現在菓子屋と称する業態は、当時上菓子屋、餅屋(まんじゅう屋)、飴屋、せんべい屋、門前菓子屋、駄菓子屋と分別されていたようです。            
 上菓子屋は、徳川時代からの伝統菓子舗で、現在北野天満宮に献上菓子を出している菓匠会の28軒位のものではかったかと思われます。勿論それを源として別家、のれん分けをされた同じ屋号の店はあります。ただ、上菓子屋はひっそりと頑なにその家業を守り、表通りには出さなかったのです。私の知っている限り近所の玉寿軒、虎屋位です。つまり、上菓子または生菓子は生きものゆえ、食べる時に最もおいしいように注文生産しかしなかったようです。
 私の家には、毎日菓子の見本箱を持った人が来て、翌日の注文を取っていました。お茶菓子は干菓子と生菓子を出すので、お客様は生菓子はその場で食べ、干菓子は半紙に包んで持って帰っていました。現在のように菓子舗か餅屋かわからなくなったのは戦後のことで、たかが40年位にしかなりません。このように、戦前・戦後の菓子屋のことを知り、育った者にとっては、年中行事とその歴史を簡単に記すことは非常に難しいことです。このことを承知の上で、一年の菓子のこととその歴史を記したことを了解の上で読んで下さい。

年中行事の中の和菓子とその行事との歴史(第1回)

年中行事の中の和菓子とその行事との歴史(第1回)
 顧問 故 谷岡 美雄

正月 ― 葩餅(はなびらもち) ―
白求肥の中に紅色菱形の求肥をさらに味噌餡、ふくさごぼうを置き、編笠のように二つ折りにしてあります。今は初釜のお菓子として知られています。古くは、宮中の鏡餅の上に乗せた葩に由来し、新年の参賀に来た公卿にこの紅白の餅と鮎2匹(後年ゆでたごぼう)をそえて公卿は帰ってからこれを雑煮にしていただきました。           


2月 ― 椿餅 ―
唐菓子の流れを汲むとされていますが、椿は日本原産の植物。“艶葉木(つやはき)”が転訛(てんか)して椿となった説もあるくらい、艶かしい美しさをもっている道明寺を皮にしたまんじゅうを二葉にはさんだ餅。『源氏物語』にも登場しており、晴れの場にふさわしい菓子です。

波里通信 >行事中の和菓子とその歴史 | Trackback(0) | Comment(0)

図書紹介「黒ゴマは制ガン不老の物質だった」

著)安田和人 発行)青春出版社
 いま私たちの食生活は動物性タンパクや脂肪を多く摂る欧米型の食事に変わりつつあり、動脈硬化などの成人病やガンが増加傾向にあります。このような状況の中で健康食品がブームとなり、人々は食生活のバランスに非常に興味を抱いている時代ではないかと思います。胡麻は良質の植物性脂肪に富み、また悪玉コレステロールを善玉コレステロールに変えてくれるリノール酸やこのリノール酸が酸化して有害な物質になるのを防いでくれるビタミンEを豊富に含んでいます。胡麻はほんの少しの量を食べるだけで、他のどんな食べ物にも負けない栄養素を実にバランス良く効率的に摂ることができます。        
 このように、胡麻はその成分からしてすばらしい健康食品であることを世界が注目しており、1980年には国際連盟のFAO(食糧農業機構)とWHO(世界保健機構)が協力して、胡麻を人類の保健上利用するという目的で世界胡麻開発会議を設置しました。                           
 この本は、「胡麻中の成分の科学」、「胡麻の効用」、「胡麻の料理法」などが非常にわかりやすく解説してあり、一読しただけで「なぜ今までもっと胡麻を食べなかったのだるう。」という気にさせてくれます。疲れ果てた体を癒しながら、この本を読み、胡麻せんべいでもかじりつつ健康な体を取り戻してはいかがですか。

波里通信 >図書紹介コーナー | Trackback(0) | Comment(2)

レシピ「お好みそうめん焼き」

材料(4人分) ・そうめん 200g
・卵 4個
・キャベツ 100g
・鶏ひき肉 150g
・えのき 1束
・あさつき 1/2束
・干しえび、かつお節、青のり 各適量
・ソース/ソース、ケチャップ、しょうゆ、酢 各適量
作り方 1. そうめんは半分に折ってから熱湯でゆで、水にさらして充分に水を切っておきます。
2. キャベツは千切りにし、えのき茸は食べやすい長さに切り、あさつきは小口切りにしておきます。
3. 溶き卵の中に(1)のそうめんを入れ、卵とよくなじませておく。この中に②の材料と鶏ひき肉、干しえびを入れ、混ぜ合わせます。
4. フライパンに油を敷き、(3)を焼く。両面に焼き色がつくまで焼いたら、ソースを塗り、かつお節、青のりをかけてできあがりです。

ソースとケチャップやマヨネーズはもちろん、酢しょうゆで食べてもGOOD!具の方もみなさんのお好みで色々 とお試し下さい。

波里通信 >Let's Cooking , レシピ >その他 , レシピ | Trackback(0) | Comment(0)

食べ物の雑学

◆梅干の効用◆
梅の実は、生のままだと毒性が強い青酸物質が含まれているため、梅干し、梅酒、梅エキスなどに加工します。梅干しは、干すことで酵素が働き、独特のうまみが生まれ、また保存性を高めます。さらに、クエン酸はあのすっぱさを生み出していますが、これは胃液の分泌を活性化させ、食欲増進を促します。ピクリン酸は、疲労回復に効果があり、肝機能を高める作用もあります。このようにさまざまな効果のある梅干しの唯一の欠点は、塩分が多いこと。1個に1~1.5gの食塩が含まれているので、要注意です。一日1個と決め或いは減塩梅干しを選び、健康づくりの強い味方にしましょう。

◆お茶とくすり◆
「薬は水が白湯で飲むもの」昔から薬をお茶で飲むと効き目がなくなるとか、薬効が変化してしまうといわれています。これは、お茶に含まれるタンニンが原因。タンニンが鉄分と結合すると不溶性タンニン鉄になり、鉄分の吸収を悪くするので、造血剤などの鉄剤とお茶との相性は悪いので、一緒に飲まないようにしましょう。

波里通信 >食べ物の雑学 | Trackback(0) | Comment(0)